ダイエットしたのに体脂肪率が落ちない原因と対策

  1. ダイエット >
  2. ダイエット >

ダイエットしたのに体脂肪率が落ちない原因と対策

スポンサーリンク

はじめに

『ダイエットして体重が落ちたのに、体脂肪率が落ちない!』

『なんで?』

って思いませんか?

今回は、その部分を解説をされている

【ダイエットコーチ計太】さんの動画の紹介です。

 

【ダイエットコーチ計太】さん

 

ダイエットして、せっかく体重が落ちたのに、体脂肪率が落ちなかった方へ捧げる動画がこちらです。

過程にある体組成計が完璧な数値を割り出せるわけではない!

ということを前提に話をすすめています。

 

体脂肪率が変わらない原因

 

問題は水です!

測定器は電気を流します。

電気が通りやすいほど、筋肉量が多いと判断します。

つまり水分が多いほど筋肉量が多い(体脂肪率が低い)と判断します。

※脂肪細胞より筋肉の方が(水分が多いので)電気を通しやすい。

 

水分を体から出しただけの状態では、体重は落ちても体脂肪率は変わりません。

糖質制限をしている方の初期段階では、このパターンが多いです。

 

 

対策その1

 

糖質を摂りましょう。

糖質を減らすと、体から水分も一緒になくなります。

(糖質と水分はセットです)

お米の摂取量を少し上げることによって、体脂肪率が少しさがるかもしれません。

ぜひ、試してみて下さい。

Q、お米食べて体重増えませんか?

A、体重は増えますが、それは脂肪ではなく水分が増えます。

 

脂肪を落とす=痩せる

脂肪が増える=太る

水分が増える=太る?・・・良いはず

 

注意、体脂肪率が体重と一緒に上がった場合は脂肪も増えています。

不安な場合は、

お米でカロリーが増えた分、他の物で摂取カロリーを少しずつ減らしてみて下さい。

 

 

対策その2

 

もう少し頑張る。

例えば

糖質制限でも脂肪が使われ始めるまでに、

それなりの時間を要する。

なので脂肪が減らない。

(判断が早すぎる例もあります)

糖質制限はリスクがあるので、長期で実施するべきではありません。

ホルモンバランスを崩される方が多いです。

糖質制限ダイエットから、カロリー制限ダイエットへ・・・。

になっていませんか?

糖質制限するなら、脂質摂取を上げないと代謝がぐっと落ちます。

基礎代謝を摂取カロリーでわらないでください。

 

まとめ

そうそう、体重落ちても体脂肪率はなかなか落ちない・・・。

なんでなの?って^^;

こうゆうことだったんですね。

『糖質と水分はセット!』だということ。

お米を食べる量、試しに増やしてみようかな^^

 

 

 

 

スポンサーリンク

© 2021 痩せるわよ!今度こそ