実は凄かった胚芽もち麦

  1. ダイエット >
  2. 食べ物 >

実は凄かった胚芽もち麦

スポンサーリンク

ダイエットを始めて、白米を玄米にしようかと思ったりもしていましたが、たま~に【もち麦十六穀米】をお米に混ぜて炊いていました。水に浸す時間も要らず、水加減も変えることなくお米を研いだ後に1包加えて普通に炊くだけ!なんて簡単なんだ!忙しい人の現代人の為の強い味方ですね。

こんばんは、ぽよよんです。日付変わっちゃった^^;

毎日野菜もしっかりとっているハズなんですけどねぇ・・・?!

でも

昨日の表からも見てわかるように、https://diet-obasan.com/kiroku/ 毎日来るべきお通じが無かったりするわけですよ・・・。

ほんとに頑固なんだよね~(-∀-`; )『食べたら出す』が基本ナンダケド・・・。まずは便秘に目を向けていきたいと思います。

生活習慣病の発症予防の観点からいうと、成人では一日24グラム以上摂取するのが望ましいんですよ。でも残念ながら20歳以上で一日平均15グラムしか摂取できていません。

あらぁ~そうなんだ?じゃぁ~やっぱり、私も食物繊維足りてないのかも~(-∀-`; )

食物繊維の食事摂取基準(厚生労働省食事摂取基準)は、目標量として成人男性は一日に20g以上、成人女性は一日に18g以上を目標摂取としてるのよ。

ふむふむ。もう一度、食事内容を見直してみようかなぁ。

食物繊維は、野菜類、穀類、豆類、きのこ類、いも及びでん粉類に多く含まれていて、食品の中には、水溶性と不溶性両方の食物繊維を含む食品もあります。特に納豆は水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれている食品ですよ。

そうか~水溶性と不溶性食物繊維のバランスも大事なんだね~

食物繊維は不溶性・水溶性のどちらか一方を摂取するのではなく、さまざまな食品を組み合わせて両方をバランスよく摂取することが大切ですよ。

ダイエットの面では水溶性食物繊維が注目されがちですが、不溶性食物繊維もバランスよく取り入れていくことで、腸内環境の改善につながっていきます。

と、いうことで、

今日から白米に混ぜて炊いてみることしました。白米はいつも通りの水加減にします。そこへ、もち麦ともち麦の量の2倍の水を足してやります。軽く混ぜて1時間くらいおいて普通に炊きます。炊きあがりも少し蒸し時間を多めにとったほうがいいそうです。

白米に比べてもち麦優秀です!成分表もご覧の通り!

私はここに『めかぶ』を,、かけていただいたので、そこまでプチプチ食感は感じられませんでしたが、家族からは『玄米よりぜんぜん食べやすいよ』とのことでした。

便秘を解消するためには「水溶性 1:不溶性 2」のバランスで摂取することがよいといわれています。

さぁ~気を引き締めて便秘解消するぞ!

スポンサーリンク

© 2021 痩せるわよ!今度こそ